富士の麓に東名スポーツはあります。
クラッシックカー、ビンテージカーのメンテナンス、サポート承ります。
国内外の車種問わず、エキゾースト製作致します。

東名スポーツ 代表より

レース業界が同好会からビジネスとして動き始めて5~6年の1970年、 私はこの業界に入りました。

諸先輩方のレーシングカー製作、部品製作及びメンテナンスサービス、開発テストなどでの技術を現場で目の当たりにし、経験と知識を積み重ねて早や44年。自分自身のアイデアがレーシングカーの性能を左右し、結果に結びつくという環境がとても充実した、やり甲斐と夢のある世界であると実感しています。

私が入社した、 「東名自動車(株)(現・(株)東名パワード)」は、日産自動車のワークスドライバーとして名を知られた鈴木誠一によって、レース専門会社として興されました。ドライバーであり、名チューナーであった鈴木誠一は日産セドリック、フェアレディZ432、432RスカイラインでのGT部門連勝など数々のレースで上位の戦績を納め、多くの伝説を残しました。マイナーツーリング時代の“東名サニー”、GCやF2レースの常勝パワーユニット・・・。その一つ一つが日本のレース史に輝いています。 その後、特殊ツーリングカーのサニー1300対カローラ1300の対決が日本中のレースファンを魅了し、沢山のチューニングショップが切磋琢磨し、技術を競い合いました。その技術が今のモータースポーツを支えていると言っても過言ではありません。

1975年頃、日本のモータースポーツはそれまでのツーリングカー主体のレースから本格的なフォーミュラ時代に入り、国産FJマシンの開発など、コンストラクターの活動が活発になりました。東名自動車で開発したA12型をチューニングしたエンジン(エア吸入規制はせず、フルオープンでウエーバーキャブ45DCOE2連装備。当時のヨーロッパのF3エンジンと遜色ないパワーだったと思われる)を搭載したFJ1300シリーズが始まり、星野一義氏、中嶋悟氏、長谷見昌弘氏、松本恵二氏、高橋健二氏など、トップドライバー達が活躍しました。

その後、FJ1300、F3、FP、F2、F3000、GTそしてプロトタイプCカー耐久と、国内トップクラスの様々なカテゴリーを自分の手でメンテナンス、部品製作、サーキットサービスしてこられた経験は、大切な宝となっています。 この30年間、サーキットの動員数が年々増加し、観る側、造る側、スポンサー側、興行主側が四つ巴になって日本の車社会、モータースポーツ業界の基盤ができあがってきた時代にタイミングよく様々な貴重な体験、勉強をさせて頂いてきたことは、本当に幸運であり、感謝の念に耐えません。

この経験を活かし、お客様のどんなニーズにも適切なアドバイスし、きめ細かなサービスを提供することが可能です。

(株)東名スポーツの全ノウハウをモータースポーツを愛する方々に捧げます。

 

株式会社 東名スポーツ
代表取締役社長 中野 啓吉
1944年12月 新潟県出身
1970年 25歳で東名自動車株式会社に入社
故 鈴木誠一氏に師事し、シャシ部門にてストッカー製作、特殊ツーリングカー(日産サニー) 製作、FJ1300メンテナンス星野一義氏、高橋健二氏と出会い、高橋健二氏とはその後FP、F2、F3000、 GCに於いて、横浜ゴム(株)のADVANタイヤ開発を行う。
1985年11月(株)東名スポーツを設立し代表取締役就任。


About Company

モータースポーツ事業
・レースカーメンテナンス
・サーキット、イベントサポート
パーツ製作事業
・エキゾースト製作
・ワンオフパーツ製作 ・特殊車両製作
クラッシックカー関連事業
・クラッシックカーメンテナンス ・レストア

Terms of Use
Privacy Policy
FAQ
Sitemap

Challenge to circuit racing

東名スポーツでは、サーキット走行会や、スポーツ走行時のサポート承ります。お気軽に御相談下さい。 車両のメンテナンス、走行時のサポートなど車種やカテゴリーは問いません。

Get in Touch

  • Phone:
    0550 78 0972
  • Email:
    info2@tomei-sports.co.jp
  • Address:
    1302-1 TANAGASHIRA OYAMA-CHO
    SUNTO-GUN SHIZUOKA 410-1327
    JAPAN